コスト削減の方法

コストの削減の方法は、お客様の自動車の利用状況に応じて様々です。弊社独自のノウハウを活かし、お客様の維持コストの削減をご提案いたします。

下記はコスト削減方法のほんの一部ですが、コスト削減の方法を組み合わせることにより、多くの方々が自動車に掛かるコスト削減に成功しております。

その一 カーシャアリング・レンタカーの活用

car_share

例えば、週末に車で郊外の大型ショッピングセンターに行くのが習慣だというAさんの場合。Aさんは賃貸マンション暮らしで、駐車場代を月1万円払っていたとします。車に掛かるコストとして他に、ガソリン代に月5000円、自動車保険に年間5万円、2年に1度の車検で約10万円、税金を年間4万円程度支払っています。

上記のコストを月割にし、車関連の諸費用が月にいくらかかっているか計算してみます。

自動車保険料の月額が約4200円、車検費用も月額で約4200円(2年に1度、10万円支払うと仮定)、税金も1カ月約3000円、その他ガソリン代と駐車場代が掛かる為、すべて合計すると、1カ月あたりのコストは2万6400円です。
となると、車に乗るのが月に5回程度なら、「1回の乗車のために、2万6400円÷5回で、5280円を支払っている」と考えることができますね。

たまにしか乗らない、でもたまにどうしても車が必要なことがある。そんな人には、カーシェアリングという手もあります。

登録料や、使わなくても毎月基本料金(会社によって異なりますが、1000~2000円程度)が発生しますが、乗った分だけお金を払えばよく、自分で車を維持するよりは、ローコストに収まるはずです。

月に1・2回程度ならレンタカーという手もあります。

その二 車検代の節約
車検はディーラーや民間車検場など様々な場所で行えます。費用についてはそれぞれで異なり、ディーラーに依頼するより民間車検場の方が安くなるケースもあります。最近ではガソリンスタンドなど様々な場所で車検を受付ており、1日で検査が完了できる所もあります。車検を依頼する前にディーラーや民間車検場に見積依頼を行うのもコストの削減に大きくつながります。

shaken_mitsumori


その三 車は下取りよりも買取査定を
車は下取りよりも2社以上から見積もりを取って買い取ってもらった方が良いようです。10年以上乗って値段がつかないと思っていた車でも海外では売れるらしく、それらのノウハウが買い取り会社にはあるからです。
 一括査定をお願いするといくつかの業者さんが見積もりしてくれます。その中で一番高い業者さんを選びます。

kaitori

その四 中古車をオークションで購入
オークションで購入すれば、人気車も比較的リーズナブルな価格で購入する事ができます。
メンテナンス面で不安が残りますが、オークションと連携した販売システムを提供する中古車販売店を利用する事によりメンテナンスの心配も無用です。

auction

その五 ETCカードで高速料金を節約
すでにほとんどの方が利用しているかと思いますが、高速道路をよく使う方はETCカードに入った方がお得です。特に遠出時の深夜割引(30%)は強力です。知らない方が多いのが通勤などでETCをご利用する場合にお得なマイレージサービスです。ETCはマイレージサービスを利用する事により、さらにお得になります。

etc

その六 保険料の見直し
自動車の保険といっても、大きく2種類に分けれられます。それは「自賠責保険(強制保険)」と「自動車保険(任意保険)」です。
大きな2種類の違いは、加入義務や補償範囲などに大きな違いがあります。自動車の保険といっても、大きく2種類に分けれられます。それは「自賠責保険(強制保険)」と「自動車保険(任意保険)」です。大きな2種類の違いは、加入義務や補償範囲などに大きな違いがあります。
一度保険に加入するとなかなか見直しなどしないことが殆どです。保険価格も各保険会社で年々改訂され、同じ内容で加入している保険より安くなるケースもございますので加入保険の見直しは年々行うことをお薦めします。

hoken

その七 利用ガソリンスタンドの見直し
ガソリンスタンドは定期的に同じスタンドを利用する方がほとんどだと思います。スタンドではガソリンの給油にの他に洗車、オイル交換、ワイパー交換、パンク修理なども行っており、それぞれの地域で価格競争が生まれております。
ガソリン価格を中心にコストを積算し、地域で最も利用しやすいスタンドを選定します。
ガソリン価格だけでなく、ガス欠やパンク修理など突然のトラブルにも対応してくれるスタンドも選定基準にする事もできます。

gs

その八 板金修理の見直し
鈑金塗装はここが本当に業者によって価格差が大きく異なる分野です。お客様どこの業者に依頼すればいいか本当に悩むところだと思います。ここは価格と仕上がりが違ってくるため安いからいいというだけでは解決しないところです。

まずは修理を考えた時にどの程度、修理をするかを検討します。そしてその依頼する業者さんは何種類かの修理見積もりを出してくれるところかを検討します。そして交換部品という価格差が完全に異なるところです。新品を使用するか?中古品を使用するかです。
また新品なら割引は何%なのか?です。まずはすぐに依頼ではなく見積もりを出してもらってから検討してください。
そして最後は支払いの形です。現金の支払いなのかまたは保険支払いなのかでも修理作業が変わってきます。
鈑金修理の依頼先の選定はとても悩むところなので信頼でき融通の利く業者を選定いたします。

bankin

その九 自動車の購入について
新車、新古車、中古車 の違い
新車とは?初めてナンバー登録されて販売される車のこと。あるいは、未登録の状態の車のこと。例えば製造から10年を経過していても、ナンバー登録されていない車は新車ということになる。
未使用車とは?ナンバー登録のみ行われた未使用の車である。ナンバー登録をされている車は、「新古車」あるいは「未使用車」、「未使用中古車」、「未走行車」などと呼ばれる。中古車とは?ナンバー登録された車のことを「中古車」という。

ではいずれの状態の車でも購入において重要なことはお客様がどの状態、どのような環境であるかなど様々な要素で何が必要でコスト的にも何が総合的に優れているかを検証することです。

新車が性能、車の状態、などで一番いいのは当たり前です。ではなんでも新車なのでしょうか?ここはひとつ検証が必要です。
コストです。そのコストをかけてでも必要と判断さてればまったく問題ない必要コストだと思います。
ただそこで中古車の場合は総合的にみて絶対にコストが下がるかというとそうでもありません。
車検、税金、修理など中古車では考えなくてはなりません。

新車、未使用車、中古車などいろんな違いはありますが総合的に見てどの形態が一番適しているかを
よく検証してからの購入にしてください。

car_img02

車の支払い方法(現金、リース、割賦 ファイナンス など)
最近は支払方法が多数ありますのでよく考えなくてはなりません。
① 一般的には現金などでの一括支払い。
② オートローンなどによる分割
③ 金融機関などでのカーローン
④ リースなどでの購入
本当に多種多様の購入方法があります。
ではどの方法が最もいいのかでしょうが個人、法人またその時の決算などで随分変わってきます。
これも購入する車、支払金額が決まったあとに行わなければならない重要な決め事です。
もしかするとここが一番重要かもしれません。

loan

comment01

ページ上部へ戻る